1. TOP
  2. TOEIC
  3. TOEICは中学生レベルの英語力で十分!?中学英語勉強法を紹介。

TOEICは中学生レベルの英語力で十分!?中学英語勉強法を紹介。

TOEIC 英語力をつける
この記事は約 9 分で読めます。 437 Views

『TOEICは中学生レベルの英語力で十分!?』 というこの記事のタイトルを見て驚いた人。

現在TOEIC対策をしている皆さんにお伝えしたいことがあります。

 

それは、「TOEIC最大の対策とは中学英語をやり直す」ということです。

 

まさか〜と思う人のために今回はなぜ中学生レベルの英語が必要なのかについてお話しします。

なかなかTOEICの点数が伸びなくて悩んでいる人や壁にぶち当たっている人はこの記事を読んで、もう一度「基礎」である中学生の英語を勉強し直してみてはいかがでしょうか。

 

TOEICとは?

そもそも、TOEICとはどのようなものなのでしょうか? 受験したことのない人や、よくわからないで勉強をしている人のために、今回はTOEICについて詳しく説明します。

 

実際に多くの人が、ただ受けなければいいものという認識で受験しているTOEICですが、実はTOEICの中にも「Listening&Reading Test」「Speaking&Writing Test」の2種類があり、あなたの利用用途によってテストの使い分けをします。

 

一般的にTOEICと言われているテストは、TOEIC 「Listening & Reading Test」のことです。このテストは、オフィスや日常生活の中での英語コミュニケーション能力を測るテストです。

TOEIC 「Listening & Reading Test」は制限時間が2時間でリスニング100問&リーディング100問の満点が990点です。

 

受験方法は、マークシート式で年間10回という限られた回数の中で受験をします。

 

一般的にTOEICと言われているテストは、TOEIC 「Listening & Reading Test」のことです。このテストは、オフィスや日常生活の中での英語コミュニケーション能力を測るテストです。

TOEIC 「Listening & Reading Test」は制限時間が2時間でリスニング100問&リーディング100問の満点が990点です。

受験方法は、マークシート式で年間10回という限られた回数の中で受験をします。

 

一方、「TOIEC Speaking&Writing Test」とはTOEIC Listening & Reading Testでは測れない「話す」「書く」英語力を測るテストとして注目されています。実際のビジネスシーンに即した問題で、コミュニケーションを円滑に進めるための能力が評価されます。こちらはパソコン上で受験します。

TOEIC 「TOIEC Speaking&Writing Test」は制限時間が1時間20分でスピーキング11問&ライティング8問の満点が200点です。

受験方法は、パソコン上で年間に24回受験をすることができます。

 

 

※TOIECとTOEFLは違うものなので気をつけましょう。

TOEFLとは
TOEFLとは、「トフル」と読みます。TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の省略で、英語能力試験として、アメリカのなどをはじめとする海外大学や関連機関への入学、留学、推薦入学等の評価基準として広く採用されています。

最近では、TOEIC(トーイック)も世界基準ではありますが、ほとんどが日本国内の企業や大学、社員、また学生の英語力を測るためにTOEICを活用しているのに対し、TOEFLは、海外の大学や機関が、入学希望者の英語力を測るために利用しているテストのことです。

 

中学生レベルの英語力とは?

 

TOEICを勉強している人の中で、対策がうまくいっていない人の多くに共通しているのが「英語の基礎が抜けてしまっている」ということです。

TOEICにおける「基礎」というのは、中学生英語のことをさしていて、基礎文法や基礎単語がない状態で勉強を進めているとなかなかうまくいきません。。

 

現時点でのあなたの英語力はどのくらいのレベルかわかっていますか?

 

日常から英語を使って仕事をしている人であれば、この過程をスキップしてもいいと思いますが、そうでない方は必ず基礎の勉強から始めましょう。

TOEICにおいて「基礎」はなくてはならないものです。その基礎がなければ必ずと言っていいほど壁にぶち当たることになります。

 

例えば、いきなりTOEICの模試を解いた後に対策をしようとしてしまう人。

『基礎がしっかりしていない状態でこれをやると悲惨な結果になります。』

英語における土台がしっかりと固まっていないため、解説を見て入ってくるはずの情報が1つもわからなくなってしまい、TOEICの勉強を投げ出してしまいかねません。

 

英検やTOEFLなどの英語検定においても言えることですが、中学生レベルの英語の1つ1つがしっかりと身についているかどうかで、その後の英語力が伸びていくのかが決まってしまいます。

 

初心者の人は焦ってTOEICの対策をするのではなく、まずは中学生の基礎英語から始めるようにしましょう!!!

 

対策方法

 

TOEICは「基礎が大切」とは言ったものの、TOEIC初心者の人はどんな勉強をすればいいのかわからないと思います。

実際に私自身もわかりませんでした。大丈夫です。周りの人も「あなた」と同じ気持ちです。

ここでは中学英語の「基礎」を身につけるための勉強法についてお話をします。

 

中学生の基礎英語とは「単語・文法・英文読解」の3つのジャンルに分けることができます。

TOEICの対策を始めるために、この3つをマスターすることが必要です。

「単語・文法・英文読解」の3つについて詳しく説明していくのでぜひ読んでみてください。

 

 

単語の勉強

英語の基礎を勉強するために必要なのが「単語力」

TOEICだけに限らず、英語を身に着けるためには最低限の語彙力と単語力が必要になります。

例えば、あなたが国語のテストを受けたとします。そのテストは難しく作られていて、あなたの知らない漢字や語彙ばかりが並んでいます。

あなたはその国語のテスト内容を理解することはできますか?

 

文法や長文読解の勉強をするために必要なのが、基礎の基礎とも言える単語勉強なのです。

 

オススメの単語勉強方法
私が実際にやっていた、オススメの単語勉強方法は単語を覚える際に「名詞」「動詞」「形容詞」などの『品詞』を意識しながら覚えるということです。この『品詞』を理解することは対策本の解説を全て理解することにつながります。英語には一つの単語でも複数の意味を持つ場合もあるので、意味を連鎖させながら覚えるようにしましょう!

 

 

文法の勉強

TOEICの中学生レベルの単語をある程度マスターしたら、次に勉強するべきなのが「中学生文法」

実際に文法は英語を使う上でとても重要視されているもので避けては通れない道です。

 

『そんな避けては通れない「文法」をおろそかにしている人はいませんか?』

「英語の文法」に苦手意識を持ってしまい、英語が嫌いになってしまった人はいませんか?

 

苦手意識を持ってしまっている人だからこそ克服して、TOEICの勉強に活かしましょう。

TOEICでは中学生レベルの「英文法」が問題の軸となってきます。

オススメの文法勉強方法
私が実際にやっていたのはインプット&アウトプットをひたすら繰り返すことです。インプットとアウトプットの方法は簡単です。テキスト等で学んだ文法を使って、実際に文を作ってみるのです。そのときに気をつけなければいけないのは、例文を作っている際に間違った文法の構成のまま覚えてしまう可能性があるので誰かに確認してもらうようにしましょう!

※繰り返すようになりますが、中学生レベルの『単語』がわからないと「文法」を習得することはむずかしいのでしっかりと単語勉強をしてから取り組みましょう!

 

長文読解の勉強

中学生レベルの「単語勉強」と「文法勉強」がある程度進んだら、最後はTOEICには欠かせない『長文読解』に取り組みましょう。

読解問題に慣れるためには数をこなす必要があります。TOEICの本番に長文の問題で躓かないように、まずは基礎である中学レベルの『長文読解』を身につけます。

 

オススメの長文読解勉強方法
私が実際にやっていたのは、自分にあったレベルの文庫本を読むということです。「そんなんでできるようになるのかよ〜」と思う方もいるかもしれませんが、長文読解は数をこなすことで徐々に慣れてくるのです。そして、文中に出てくる「わからない文法・単語」を文法書や辞書などで調べてください。わからないものを掘り出すことで読解力の成長につながります。

 

長文を解いた後は必ず「解説」を理解できるまで読みましょう。中学生レベルの長文読解はTOEICでも際頻出の単語・文法ばかりです。

中学レベルを乗り越えたら、この先の長文読解の道も開けてきます!

 

まとめ

 

ここまで読んでくださった皆さん。TOEICは中学生レベルの英語力で十分だということがわかったでしょうか?

 

中学生レベルの英語力で取れるTOEICの点数は限られてきますが、まずは「基礎」を固めることがとても大切です。

文中でなんども紹介しましたが、全ては「単語」と「文法」のかたまりです。

その1つ1つの基礎をしっかりと身に付けることで今後のTOEICの点数の伸びにも大きく差がでできてしまうでしょう。

 

何事もそうですが、基礎がしっかりとできている人は上達が早く、誰よりも早く自分の目標に近づけるのではないでしょうか?

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

トイマス 〜TOEICをマスターしよう〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トイマス 〜TOEICをマスターしよう〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

KODY

TOEIC毎回受験&990点取得を目標に日々努力している21才です。
趣味はサッカーとサーフィンです。そこらへんにいる小僧です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • TOEICに必要な「身分証明書」「本人確認書」を忘れたらどうする?対処法と身分証の種類について紹介。

  • TOEIC「IPテスト」と「公開テスト」の違いとは?絶対に知っておいたほうがいい5つの違い。

  • TOEICに有効期限があるっていうのはウソ!就活や転職の際の注意点とは。

  • TOEICでは時間配分に気をつけろ!「試験時間が足りない」なんて言わせない。

関連記事

  • TOEICを受ける適切な頻度とは?

  • サルでもできる!TOEICで700点を取る為の5つのステップと勉強法

  • TOEICでは時間配分に気をつけろ!「試験時間が足りない」なんて言わせない。

  • TOIEC対策にオススメのサイト・ブログを6つ選んでみました。

  • TOEICの結果が届くのが遅いのはなぜ?いつ届くの!?

  • TOEICに必要な「身分証明書」「本人確認書」を忘れたらどうする?対処法と身分証の種類について紹介。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。